銀行カードローンの審査

銀行でお金を借りるには、融資の申し込みをした後に、銀行の行う審査を受けて融資の可否が決まることになります。審査されるポイントを一言で表すと「お金を返してくれる人かどうか」ということです。

住宅ローンやカーローンを利用する場合には「返済が滞った場合に、ローンを組んで購入する住宅や車をすぐに現金化できるかどうか?」も審査のポイントになります。

たとえば、現在の建築基準法に則っていない建築物を購入したい、という場合には、なかなか売れないということが考えられますので、審査が厳しくなると考えられます。

ただ、バブルの崩壊などの影響もあって、ものに関する審査はどちらかというと甘くなり、人に関する審査は厳しくなるという傾向があります。

人に関する審査として「勤続2年以上(場合によっては3年以上)で安定収入がある人かどうか」「団体信用生命保険に加入できる人かどうか」「保証会社の審査を通過できるか」「過去に滞納などの事故歴が、個人信用情報に登録されていないか」といったことがチェックされるといわれています。

特に「より良い仕事を求めて転職をする」ということが、抵抗なく行われるようになっている現在、「勤続年数」の要件を満たすことが難しくなっているケースもあります。勤続年数は、すぐに延ばすことができませんので、銀行でお金を借りる時期を、ご自身で考えるしかありません。

また、自営業の場合は、どうしても融資条件が厳しい傾向があるといわれています。ただ、自営業者の方は、地元の信用金庫や地方銀行とお付き合いが既にある場合も多いでしょう。そのため、まったくお付き合いのない銀行でお金を借りるよりも、既に信頼関係のある銀行でお金を借りるのが得策と言えます。

ちなみに、専業主婦の方の場合も審査にもよりますし、一部の銀行に限られますが、銀行カードローンならば審査のうえ利用することができます。詳細は⇒http://xn--tiqx9b71an6v23b417a.com/
私たちがお金を借りることができる金融機関としては、おおきくわけて銀行、信販会社、消費者金融の3種類があります。このうち銀行というのは「審査が厳しい」というイメージがありますが、メリットも数多くあります。

ほかの金融機関からの借り入れにも、メリット・デメリットがありますので、ご自身の状況に応じて、どの金融機関を利用するか、選ぶようにするといいですね。

銀行でお金を借りるメリットは「信販会社、消費者金融に比べて金利が安い」という点です。また、カードローンを利用する場合でも、信販会社、消費者金融に比べて「利用限度額が大きく、数百万円の借り入れができる」ということも、銀行ならではのメリットと言えます。

銀行でお金を借りるなら住宅ローン、カーローン、教育ローンなどの目的別ローンと、資金使途が自由なカードローンなどの商品があります。目的別ローンのほうが金利の面では優遇されるという面があります。最近では、債務の一本化目的で、銀行でお金を借りるという人もいます。

一方、注意点として「銀行でお金を借りるのは、審査に時間がかかる」ということがあります。利用審査で可となっても、実際に融資が行われるまでに、また時間がかかるということもあります。

「今日、明日に、数万円程度の資金が必要」という場合には、銀行の審査を受けていては間に合わない場合もあり、また数日で返すことができるなら、無利息期間が設けられている消費者金融の商品を利用するほうが、向いている場合もあります。ご自身の状況に合わせて、適切な商品を選ぶことができるといいですね。

銀行でお金を借りるときは「貸したお金を返してもらえるか」が審査されます。銀行のローン商品ごとに、年齢の条件が定められています。

ただ「その範囲内であれば、必ず銀行でお金を借りられるか」というと、そうとは言い切れないのです。

たとえば住宅ローンを組みたい場合、まず注意しなければならないのは、団体信用生命保険(団信)に加入できるかということです。団信は「20才~70才までの健康な方」が加入できることになっています。

ただ、年齢が高くなるにつれ、健康上の問題が起こってしまう方も多いものです。<u>年齢的な要件は満たしていていても「健康状態に不安があるから」と加入ができないケースもあります。</u>

また「勤続年数」ですが、最近の日本では「転職」が前向きに受け止められるようになっています。そのため、勤続年数が短いという人も多いのです。銀行でお金を借りる場合には、できるだけ勤続年数は2年~3年以上の場合が望ましいのです。

勤続年数を延ばすのを待っていたら、年齢が高くなり健康上のリスクが増えてくるという面もありますので、銀行からお金を借りる予定があるならば、転職などのライフプランを、慎重に考える必要がありますね。

住宅ローンを完済する年齢についてもチェックしておきましょう。銀行では80才で完済し終わるプランを組めるケースもあります。

ただ、日本の年金制度がどう変わっていくのか不明な部分も多いので、「仕事を続けている間に、完済できるのが望ましい」という考えもあるかもしれませんので、完済のタイミングはよく考えるのが良いでしょう。

銀行でお金を借りるための審査を通過できなかった場合には「なぜ、審査で落とされたのか?」を考えるようにしましょう。

できれば「申し込みをしたが審査に落ちた」という事実は作らないほうがよいため、別の銀行でお金を借りる場合にも「落ちた理由を分析して、その部分を改めてから、申し込みをする」ということが大切なのです。

意外に多いとされているのが、利用申込書の記入ミスや、空欄が多すぎること、既に登録されている個人信用情報と違う内容の記入があったことなどで、審査を通過できなくなるケースです。

利用申込書すら、きちんと記入をできない人が、これからローンを組んで、真面目に返済をしてくれるのかというと、銀行も不安になってしまうことでしょう。

また、いったん利用審査を通過できた場合でも、虚偽の記載がわかった時点で、融資を打ち切られるケースもあります。ネットで申し込みのできるローン商品もありますが、「気軽に記入できる=適当に書き込んでいい」ということではありませんので、注意しましょう。

「他社からの借入件数が多い」として、審査に通過できないケースも多いです。借金の総額よりも、いくつの会社から借り入れをしているかが重要視されます。

いくつもの会社から借り入れをしなければならないのは「信用がなくて、融資の限度額を大きくしてもらえないために、複数の会社から借り入れをしなければならないのでは?」と考えられる様子です。また、金銭感覚のだらしない人、という印象も与えますので注意が必要です。

 

銀行でお金を借りる場合、ローン商品には「有担保型」「無担保型」があることを知っておきましょう。

有担保型とは、担保を差し入れるタイプのもので、銀行によっては数千万円~1億円といった、かなり大口の融資が受けられる場合もあります。また、返済期間も20年など、長く設定できるものもあります。

一方、無担保型のローンを利用する場合には、「保証会社の保証を受けられる人」が利用審査を通過することができるようになっています。

無担保型のローンは、かつては「連帯保証人を立てる」といった方法が取られていましたが、「保証人にだけは絶対にならないように」と親兄弟から厳命されている人が多い現代では、なかなか連帯保証人になってくれる人などいないのが現実です。

そこで、保証会社の保証を受けることが代わりに行われるようになってきました。ただし、連帯保証人というのは「ローンの利用者が返済できなくなった場合、連帯保証人が代わりに返済する」という立場です。保証会社というのは、利用者の代理でいったん返済を行い、改めて利用者へ返済を要求するという形になります。

銀行でお金を借りるのに、有担保型ローンのほうが金利・返済期間・融資限度枠などで、有利な条件を設定してもらえるのは確かです。

ただ、審査の時間がかかるといったデメリットもありますので、数万円くらいの借り入れをしたいのなら、無担保で利用できるカードローンなどのほうが向いているかもしれません。このように、ご自身の状況に合わせて、必要な商品を利用するといいですね。

毎日節約生活をしています

我が家は夫と幼稚園児の3人暮らしですが、ここのところの消費税アップや物価の高騰の影響で節約生活を送る日々です。
夫の給料も徐々に少なくなってきていますし、年2回のボーナスもそれほど貰えない上にすべてローン返済に消えてしまいます。
4~5年ほど前は夫の給料で十分やりくりする事が出来たのですが、貯蓄も出来ない状態で将来に対する不安感があります。
私は子供がまだ小さい為思う様に働きに出る事が出来ず、節約する事で少しでも家計に余裕が出るようにと努力しています。
スーパーで買い物をする時にはなるべく無駄な買い物をしない様に夫と子供とは一緒に行かない様にしています。
折角計画を立てて買い物をしていても、夫と子供が横からポンポンと買い物かごに好きなものを入れてしまうからです。
夫と子供は少々不満そうですが、節約の為になるべく協力してもらっています。
他には出費を出来るだけ抑える為に、スーパーの特売日を狙いセール品を買う様にしています。
その日にお得なお肉や魚を買い、翌日以降も使いまわせるように冷凍保存しておきます。
電気代やガス代、水道代等も無駄が出ない様に気を使う日々です。
なかなか思うようにいかない事も多く、お金に余裕があれば毎日こんな思いをせずに済むのになと思うと、息が詰まってしまう様なストレスを感じる事もあります。
しかし、節約せずに好きなものを好きなだけ買ってしまえば、たちまち家計のやりくりが出来なくなりどこかで借金をしなくてはならなくなってしまいます。
今は主婦でもクレジットカードやカードローン等で手軽にお金を借りる事が出来ますが、出来るだけ借金はしたくないなと言うのが正直なところです。
借金する事に慣れてしまうと繰り返し利用してしまいますし、ちょっと節約すれば何とかなったお金でも気軽に借りてしまうと言う怖さもあります。
子供がもう少し大きくなれば私も家計の足しになる様な仕事が出来ると思うので、それまでは夫と子供にも協力してもらい日々の節約に努めたいと思っています。